ワーファリンを飲んでいる人は青汁NG

ワーファリンを飲んでいる人は青汁NG

ワーファリンという薬、血液を凝固させないようにする薬です。この薬は、血栓症、心筋梗塞症、肺塞栓症、脳塞栓症、脳血栓症などの治療や予防のために使われる薬です。
この薬に使われる病名を見ただけで、何だかただならない気がしますよね。
この薬は効果が高いことで知られており、この薬を使うと上記のような病気の治療や予防効果がかなり高まるとか。
そのことと、青汁にどんな関係があるのでしょうか。

 

青汁に含まれる成分にビタミンKがあります。ビタミンKは、ワーファリンの効果を弱めてしまうことが分かっています。
このことから、ワーファリンを服用している人は青汁を飲んではいけないのです。ワーファリンの効果を弱めてしまうためです。
一般的に、ビタミンKを多く含む食品はワーファリンの効果を弱めてしまうので摂取には気を付けましょう。
青汁以外でも健康効果の高い納豆にもビタミンKが多く含まれているので、摂取には気を付けた方がいいと言われています。
意外と知られていないのが、青汁と相性の悪い薬があったということ、そして納豆にも同じことが言えたということです。
知らないまま青汁を飲んだりしていたら、ワーファリンの効果が出ずに上記の病気を発症してしまったということにならないようにしたいものです。